home > knowledge > 開業場所の選定

開業場所の選定

開業場所の選定は開業するにあたって、最初のステップであり、なおかつ大変重要なステップです。
開業後どれくらいのお客様が来てくれるのか目処が立たなければ、事業計画の作成はもちろん、借入れや返済計画も立てようがありません。
何よりその立地でお店としての経営が成り立つかどうかを判断しなければなりません。

開業場所の選定

商圏の設定

一次商圏
一般的には徒歩で10~15分程度、半径500mから1km程度の距離を考え、お客様の約60%がこの範囲の住民であると言われます。

二次商圏
一般的には自転車で10~15分程度の距離を考え、バスや車等を利用して来店するお客様の分布範囲です。お客様の20%程度とされます。

三次商圏
一般的には電車やクルマで30~40分圏が該当します。距離や時間に関係なくお店の専門性やスタッフの人柄など立地以外の要因によって来店する圏域を言います。

 


 

競合店の調査

開業後は上記商圏のお客様が順当に来店するわけではなく、他の競合店と分け合うことになります。一般的には、円で示した自店と競合店の一次商圏を検討し、競合店の集客力や人気を勘案することになります。

 


 

開業場所のチェック

一度立地場所を選定してしまえば、簡単に後戻りできるものではありません。いかに商圏調査で勝算があっても以下のような要因があれば見直しが必要になります。

・中央分離帯のある道路に面した場所(反対車線から来店できない)
・埋蔵物が出土する土地(調査に1年以上かかり、費用もかかります)
・過去に洪水や災害があった
・賃貸であれば入居者のチェックをする(暴力団事務所等が入居していないか)

 

開業場所の選定等に関するコンサルティングは弊社提携先 ひろせ税理士法人

開業場所の選定

knowledge_01

開業場所の選定

集客対策

knowledge_02

集客対策

資金繰り計画

knowledge_03

資金繰り計画

採用計画

knowledge_04

スタッフの採用計画

必要な知識

knowledge_05

その他必要な知識

 


 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得